医療安全への取り組み

  • HOME »
  • 医療安全への取り組み

安全な医療をご提供するために

北海道立子ども総合医療・療育センターでは、医療安全対策と安全確保、感染対策を推進するため、次の組織を設置・規定し、安全な医療の提供に取り組んでいます。

●医療安全推進室   ●医療安全委員会      ●リスクマネジメント委員会
●感染対策委員会   ●感染対策実務者委員会   ●医薬品安全管理
●医療機器安全管理

 取り組みの概要

○医療安全推進室
医療安全推進室長(兼任)、医療安全管理者(専従)、医薬品安全管理者(兼任)、医療機器安全管理者(兼任)、感染対策担当(専従・感染管理認定看護師)及び医療安全担当(兼任)で構成し、医療事故の防止及び医療の安全推進に関することを所管しております。                                                 また、各委員会等と連携し、全職員を対象とした研修会・講習会を開催しております。

○医療安全委員会
医療安全委員会は、センター長が委員長を務め各部門の責任者で構成し、センターにおける医療安全管理を推進するための情報収集及び改善策の最終評価・決定を行っております。

○リスクマネジメント委員会
各部署には医療安全管理を推進するため、医療安全推進担当者(リスクマネージャー)を置 いています。インシデント・アクシデント事例が発生した場合は、各部署のリスクマネジャーが確認した報告が最終的に医療安全推進室に報告される仕組みになっております。
リスクマネジメント委員会は各部署のリスクマネージャーで構成し、事例の分析・検討等を行い医療事故防止に活用しております。

○感染対策委員会
感染対策委員会は、センター長が委員長を務め各部門の責任者で構成し、センターにおける感染対策活動を推進するための情報収集及び改善策の決定・評価をしております。

○感染対策実務者委員会
感染対策実務者委員会は、各部門の代表者で構成し、感染対策に関する問題点を把握し、改善策を講じるなど病院感染対策活動の中心的な役割を担っております。
また、MRSA等の病院感染拡大を防止するために「感染情報レポート」を週1回作成し、職員に情報提供するとともに、週報を取りまとめた月報を委員会に報告しております。

○医薬品安全管理
医薬品安全管理責任者を置き、医薬品に係る安全管理体制を確保し、医薬品の安全使用のための研修の実施、医薬品の安全使用のための業務手順書に基づいた業務、医薬品に係る情報の収集と
『Drug News』」等による職員への周知等をしております。

○医療機器安全管理
医療機器安全管理責任者を置き、医療機器の安全管理体制を確保し、医療機器を適切に使用するための研修の実施、医療機器の計画的な保守点検や安全使用のための情報収集、改善のための方策を実施しております。

—————————————————————————————————————————-

医療安全管理指針について

当センターは、医療の安全管理、医療事故防止の徹底を図り、当センターの理念に則った医療が提供できるよう医療安全管理指針を定めています。

病院感染対策指針について

当センターは、患者さま及び全職員、訪問された方々を病院感染から防御し、安全で快適な医療環境を提供するため、病院感染の防止及び病院感染対策の基本的事項を取りまとめた病院感染対策指針を定めています。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

「医療安全管理指針」「病院感染対策指針」をはじめとする当センターにおける医療安全、感染対策に関わるご意見、ご質問等は、医療安全推進室までお問い合わせください。

PAGETOP